コロナ禍に増えた陰謀論を信じる人とは!?

コロナ禍に増えた陰謀論を信じる人とは!?

SNSなどの発達により陰謀論がやたらと出回っているなと感じませんか?、

陰謀論と言えば、テレビ番組「やりすぎ都市伝説」での関さんが有名ですよね(笑)
⇑ 近未来の予想とかワクワクして面白いですよね(笑)

これまでは個人個人があるエビデンスをもとに、「これは陰謀論ではないか?」と分析していても、大きく拡散されることがないため、あまり目にすることはありませんでした

ただ、ここ最近ではtwitterやInstaglam、TikTok、youtubeといった、個人が簡単に配信できるSNSが発達し、誰の目にも届く環境となりました

お気づきの方も多いとは思いますが、嘘の情報(個人個人の思い込み)が出回っていることがほとんどですよね

そもそも陰謀論とは、信憑性の低い説で、思い込みの説であって、そうであってほしいという願望もこもった説でもあるのです

本当のことを一般人が大多数がそもそも知るわけがないのですよ

ただこれを信じてしまう人は多くいるように思います

その陰謀論をもとに宗教ができたり、暴動が起きたりなどニュースでよく見られますよね…

コロナ禍に増えたとされる陰謀論を信じてしまう人にはどんな特徴があるのでしょうか?


1. 陰謀論を信じる人とは

陰謀論を信じやすい人は、大きい枠で見ると「現状が不安定な人」とのことです

例を挙げますと
・不安を抱えている人
・経済的に余裕がない人
・若い人
・孤独を抱えている人

といった感じでしょうか

現在、コロナの大流行で仕事を失った人若者の将来不安テレワーク・遠隔授業というのが目立つようになり、多くの人が「不安定な生活」を抱えています

この不安を解消するために、この不安を生み出したもの(原因)を知るために人間は行動します
※ 人間は理由(原因)を知ることが大好きという心理

宗教への参加しかり、お寺へ出向き僧侶の話を聞くだけで不安や孤独が緩和されることもあります

これが信仰ではなく陰謀論に陶酔してしまうことがあります
陰謀論信じ、社会に対して対立する思考が構築されるという、そこに集まる人たちとコミュニティを作り染まっていきます

どんな末路になるのかは想像できるのではないでしょうか…


2.自分がそうならないために

自分が陰謀論というものから避けるにはどういった思考、行動が必要なのでしょうか

現在、不安や孤独を感じている人は注意が必要です

それらを解消するために、何かしらの理由付けを思考することが多くなるのです

その原因を外部要因にしない、人のせいにしたり、社会のせいにしたりしてはなりません

また、人のせいにする、社会のせいにする人に近づかないことです

その人たちはあらゆる話をしてさらなる不安をあおり、あなたたちを巻き込もうとします

本当の友人となることはでしょう…

そんなことを信じ考えるよりも、今の状況を少しでも改善するために自分がどのように行動するかを考えていくべきなのです

資格の勉強をするのもよし、プログラミング学校に通い副業をするのもよし、自己成長のためにやれることはたくさんあります

心がどうしても持たない場合はお寺に行きお参りをするのも、心理カウンセラーのところに行くというのもいいでしょう

昔疫病が流行した時は、お寺で仏さまに対してお祈りをすることで心の不安を取り除いてたという話を聞きますよね?

そうすれば少しでも不安感がまぎれるのではないでしょうか


3.さいごに

不安な世の中で様々な悩みが付きまといますよね

恋愛・仕事・家庭などなど多くの問題が発生していることでしょう

不安がない人はきっといません(笑)

不安も含めて人生を楽しんでいけたらいいのではないのかな思います

くれぐれも陰謀論を唱える人にはお気を付けください

ではっ


この記事をSNSでシェア!

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。