人脈の広げることとは?人間のネットワークの本質とは

人脈の広げることとは?人間のネットワークの本質とは

人脈は大事、良い関係でネットワークを結ぶことは大事など
聞いたことがある方は少なくはないのではないでしょうか

顔が広い人は人気者であるし、いろんなことを知っている
ネットワークを広げることはその人の価値を決めると言っても過言ではないと思います

人脈を築くことに関する影響と広げ方について、
対人心理、人間のネットワークの観点から述べていきたいと思います。

では
見ていきましょう


1. 人脈とは

調べてみると…同じ系統に属する人々のつながりのことです

周りを見てみると

あなたには誰かしら人とのつながりを持っており、その人たちを見れば、だいたいのあなたの情報がわかるものです

あなたが住んだり、所属している環境に依存しているものでもあると考えられます


2. 人脈の特性

システムエンジニアだから、システムエンジニアの知人が多いといったことはありがちなことです

薄々気づいていることもあるかと思いますが

特徴はこんな感じでしょうか

2.1 自分のまわりは同じような人?

あなたの周りには誰かしら親しい人がいると思います
親であったり、小学校時代からの友人、職場の同僚、彼女などなど

このような人には何かしら共通点があるのではないでしょうか

親は、血がつながっていますから、何かと共通しているのはもちろんですが

友人、同僚も同じ土地で同じ時期に過ごしてきましたし
彼女に関しても、たまたまフットサル場で出会ったなどといった、共通の趣味からのつながりかもしれません

ここで気づくいてしまうのです

自分の親しい人は何かしらの共通点があるのです

たとえばですが、日本の反対側に住んでいる…ブラジルですかね

ブラジルにずっと住んでいて、たまたまネットがない環境で生きている人とは仲良くなることもないし、知り合うこともありません

このように、私たちは共通点のある相手と知り合い、ネットワークを作ります

2.2 一つの大きなコミュニティとなっている

上に述べたように、同じ系統であることがほとんどな人脈ではあるが

自分の上位上位とみていくと最終的には、一つのまとまりである事実をご存じでしょうか

1人1人がごく少ない交流しかないとしても、そのつながりを辿って見ていくと一つの大きなネットワークのかたまりとなっているのです

現在コロナ感染が拡大していますが、この大きなネットワークのかたまりの誰かがコロナなどの感染病に感染すると、どこか遮断しなければ感染が拡大していくということです

なので、各国ではロックダウン、国内では緊急事態宣言といった処置をとっています

物理的に人と人が接触することを防ぐことで、拡大を防ぐのです

これをやらなくては、感染は拡大していく一方なんですね

人脈、ヒューマンネットワークは感染病と非常に密接なつながりがあります

自分の知り合いを順番にたどっていくと、ジャスティンビーバにたどり着く的なことが言われているのもありますよね(笑)
( やってみてできたら教えてください笑 )

みんな大きなネットワークをすでに持っているとも言えるのではないでしょうか

2.3 いつも仲の良い人と一緒にいることはオススメできない

仲のいい人と毎週過ごすことは気楽ですし、楽しいでしょう
また、長い時間を過ごすことは、親密度を心理学的に向上させることはご存じのとおりです

ただ、そこには落とし穴があるとしたらどうでしょう?

その落とし穴とは、そこから人脈も自分が持つ情報量も拡大していかないということです

毎回同じ時間を過ごすということは、同じ経験を同じ人と過ごすことでありますから
他の新しい視点からの考えを得ることができないのです

今は情報が簡単に手に入りますが、
あまりネットが発達していない時代では、貧乏な家庭でそういう地域に住んでる人は、大学に行く考えがないといったこともありました

ぜかというと、
大学へ行くためのお金を払うことができないことや、周りの人で大学へ行く人がいないということが多かったのです

現代では、「奨学金があるよー」であったり、「大学いったほうが生涯年収高いよー」といった情報が出回って、自然と耳に入る状況にありますが。。。
 
情報の収集することで、生きるため知識を得ることができます

情報収集するのに効率的なことが、人脈作りです

なので、いつも一緒にいる人と過ごすだけでなく、外界の人たちと人脈を広げることが非常に重要になるのです

グローバル社会であるからこそ、いろんな視点でものを考えることは生きていく中で必要なことなのではないでしょうか


3. 人脈の効果的な広げ方

「まずは同僚、クラスメイトから攻めればいいでしょ!!」
積極的な行動素晴らしいです

ただ、誰を狙うかというのは非常に大事です

端的に述べると
人脈を広げることができる人と仲良くなる」ということです

酷い言葉になりますが、人脈を広げる目的であった場合、
友人が少ない人(いない人)と仲良くなったとしても、人脈の広がりはその人で止まってしまうため、そこから人脈を広げることは非常に難しいでしょう

一方、仲良くなろうとした人に友達が多ければ多いほど、そこから人脈を広げることは簡単というのは予想でいるのではないでしょうか

また、人脈が広い人の友人には人脈が広い人が多いというのが特徴としてあります

ここを攻略できれば、紹介紹介で自然と広がることでしょう

ただ、単に身近な人にアプローチをかけることがどれだけ効率的でないのか分かったのではないでしょうか??


4. 人と仲良くなる方法

「どんな人と仲良くなればいいのか分かったけど、どうやって仲良くなるんだ。。。」
って話ですよね…(笑)

ちょっとしたコツを別記事にて紹介しているので
気になる方は読んでみてください

参考になればと思います


5. さいごに

人脈を広げることは、自分の可能性を広げることになります

知り合ったばかりの人から、自分1人では知れなかったことを知ることができ

新たな道筋が見えたりすることがあります

また、人の輪は強いです

人と協力しあうことで思いもしないような力を発揮することがあります

現在では幸いなことに、SNSが発達しており、容易に人の輪を広げることができます

ただ、たまによくない人と出会うことはありますので、そこは注意していきましょう(笑)

人脈をどんどん広げ、人生楽しんでいきましょう!!

ではっ


この記事をSNSでシェア!

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です