信頼関係の築き方、3点のコツ(仕事・恋愛・友人) 

信頼関係の築き方、3点のコツ(仕事・恋愛・友人) 

誰もが他者から信頼を得ること、他者と深い関係を築くこと

そして、他者から協力を得て、効率よく物事(仕事ややりたいことをするなど)を進めれるようになりたいのではないでしょうか

上司から素早く承認をもらうことや、他者からお金を借りるということもそうであると思います

どのようにしたら、他者から信頼をしてもらい、協力が得ることができるほどの深い関係になれるのか…


1. 信頼の残高を増やす

人を動かすベースとなるのが信頼の積み重ねです
この積み重ねがあるからこそ、多少の疑念や不満を持たれたとしても、「結局は、自分にとってもプラスになるのだろう」と相手が感じ取ってくれて、動いてくれるのです

信頼の積み重ねが、セルフ・ブランディング=信頼の獲得につながり、いざという時に多くの人を動かす基盤となります

企業で例えるのであれば、
ブランド同様、実績のないところで急にブランド力だけが向上することはないです

歴史がある「グッチ」は多くの人が高級品として認識している、そして、店員がとてつもなく丁寧でしっかりしている
⇒ 「高くて間違いない、信頼できる」となるのではないでしょうか

以下の3点のこと注意し行動してみることで、他者の信頼の残高を増やすことができる可能性が上がるかもしれません

では、見ていきましょう


2. 公正・オープン・誠実

他者の自分に対する信頼度を上げたり、自分が仕事をする環境をよくする上で

「公正」「オープン(自己開示)」「誠実」に注意する必要があります

これらは「自分がそうされたら気分を害することは、他者に対してもしない」という人間関係構築の基本でもあります

2.1 公正

人間は自分がフェア(平等)に扱われていないということに対して非常に敏感です

難しいのは、結果や分配に対する公正を重視するか、機械やプロセスの公正を重視するかのバランスが大切です

ちなみに、後者を評価すると人間は公正と感じやすいそうです(努力したことを評価することなどです)

2.2 オープン


自分のことをオープンにさらけ出すほど、良いとされています

そんなあなたを見て、相手は「裏表のない正直な人だな」と感じるものです

相手は騙されることを不安に思っていますから、オープンであることは信頼するための指標となります

隠し事がない人、嘘をつかない人と思われるように、どんどんオープンに行きましょう

2.3 誠実

「オープン」と似たことではありますが、

人は自分自身もそうだし、自分以外の他者が誠実に扱われたのか否かをよく見ています

そこに疑念が生じれば、当然、ロイヤリティ信頼度も下がり、好ましい結果を生むことはできません

当たり前のことではありますが、基本を守ることが影響力を高める近道となるのは言わずもがな…でしょう


3. さいごに

他者に信頼されるようになるには、多くの時間が必要なのは間違いありません

同じ時間でも、上記の3点を意識して過ごすことで、信頼を築くスピードが上がったり、強固な信頼関係を構築することにつながるでしょう

以下でも信頼構築について紹介

深い人間関係が築けない人こんなこと考えてない?浅い関係しか結ぶことができない人はこれだけ意識してみて!!

人間一人では生きていけません

誰もが、他者から協力を得ないといけない場面に直面することがあるでしょう

その時に、一人でも多くの協力者を得ること、そして自分も援助できるような人間(人格)であることは

今後の過ごしやすさ、幸福度は違いますし、より意義のある生き方をできるのではないでしょうか

他者を大事にすること」は「他者から信頼を得ること」と言えるのではないでしょうか

そういった行動を心がけていきたいと思いませんか??

ではっ





この記事をSNSでシェア!

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

信頼関係の築き方、3点のコツ(仕事・恋愛・友人) 」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です