失うことは怖い!人間は損失回避に走りがちだ

失うことは怖い!人間は損失回避に走りがちだ

私たちは意思決定をするとき
どのように決めているのだろうか…

「利得で考えているのがほとんどじゃないの?」
「割引していて安いから買う」
「この人といるといいことが起きるから一緒にいる…」
などなど(笑)

しかし、それは正確ではないようだ!

実際はそんな計算的ではなくて
確実性効果損失回避という二つなのだと…
これをプロスペクト理論という!

【確実性効果】
あなたはどちらを好みますか?
①確率80%で12万円が得られる
②100%で9万円が得られる

ほとんどの人が②を選ぶのではないでしょうか?
(私も確実そう!ww)

確実なものとわずかでも不確実性があるものでは
確実なものを強く選ぶ傾向があるのだ。

【損失回避】
またまた質問!
①サイコロを投げて出た目が偶数なら2万円支払い、奇数が出たら何も支払わない
②確実に1万円支払う

もう一個
③サイコロを投げて出た目が偶数なら2万円もらい、奇数が出たら何ももらわない
④確実に1万円もらう

たぶんあなたも①と④選んだのではないでしょうか…?

利得局面では確実なものを好み
損失局面では損失を回避するため
リスクが大きい選択をしてしまうのだ

人間は損失を嫌うのだ
また、利得より損失のほうが大きな影響があり
少しの損失でも頭に残ってしまう…
(よくある…)

株とかもそうだよね!!
利益がある時はすぐに売却とかできちゃうけど
利益がマイナスの時は売れなくて
ズルズルいってしまう
みたいな

損失はかなりストレス!
これを認識できたとき
私は損切をよくしている(笑)
次!次!みたいな!

そして、寝て忘れる(笑)

今回は「損失回避」についてでした

人間は意思決定において
利得計算だけでなく、「損失」という価値にも
重きを置いているということを認識して
生きていきたいなと考えさせられた(笑)

ではっ

この記事をSNSでシェア!

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

失うことは怖い!人間は損失回避に走りがちだ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です