IME変換制御できない!IEからEdge切替運用の課題

IME変換制御できない!IEからEdge切替運用の課題

そこそこ古いWebアプリケーションでは、ほとんどのシステムでIE(Internet Explorer)を標準ブラウザにして運用しているかと思います

そんな中でおとずれたIEのサポート終了!!

2022 年 6 月 16 日(日本時間)に Microsoft 社の Internet Explorer(以下、IE)のサポートが終了します

それ以降IEを起動しようとするとMicrosoft Edgeが起動されるようです

サポート終了までにIE ⇒ Edgeに対応しなくてはならないのです

その中で「IME制御」について考えてみました。

※ EdgeのIEモードでの検討もしてみてください


1. ime-modeプロパティは使えない?

Web上の入力項目内にカーソルが入ったタイミングで、日本語入力機能(IME)の入力状態を自動的に切り替える方法として、IEではime-modeプロパティという独自仕様のCSSが使えていました

セレクタ {
   ime-mode: 値;
}

 もしくは、

<input type = "text" style="ime-mode: inactive;">

それぞれのブラウザを開いて確認してみてください

入力確認:

試された方はわかるかと思いますが

Edgeでは適用されません(IMEが変換されてしまう)。。。

もともと半角文字しか入力されない想定でアプリケーションを作成していた場合(全角文字を入力して処理するとエラーが発生する)、大きな問題となります


2. 解決案

解決案の例は、以下の通りです

  • バックエンド側で文字列の文字入力チェックを行う
  • onblur属性(カーソルアウト)で着火するJavaScript(フロントエンド)で文字入力チェックを行う(エラーメッセージ表示 or 入力文字抹消などなど)

作業負荷としてはJavaScriptのほうが楽なように感じますが、ブラウザのバージョンアップによってJavaScriptが動作しなくなるといった影響が出てきそうなことを考えると、バックエンド側で対処するのが吉となりそうですね


3. さいごに

IEのサポート終了のはなかなか大きな問題ですよね…

今回はIME制御について紹介しましたが、他にも影響は出ています(次回また更新します)

検証/調査 ⇒ 解決案策定 ⇒ 相手との方針調整 ⇒ 設計 ⇒ 実装 ⇒ テスト ⇒ リリースとやることいっぱいありますが(笑)、一つ一つクリアしていきましょう!!

そういえばですが、
IE11相当のアプリとサイトを、EdgeのIE(Internet Explorer)モードで開くことができます。

IEモードは少なくとも 2029 年まではサポートが続けられるようです。

これでしばらく乗り切るのもありですね(笑)

ではっ


この記事をSNSでシェア!

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

IME変換制御できない!IEからEdge切替運用の課題」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です