ダーマペン4やってみた!今回味わった注意すべきこと…

ダーマペン4やってみた!今回味わった注意すべきこと…

外見的魅力は非常に大きな力であることは知られています

外見的魅力がわりと重要となっている仕事は、芸能人、モデル、アナウンサー、CAなどありますね

外見的魅力が高いほど有名になることができ多くの仕事、ファンを得ることができる可能性が高いです

また、例えばですが、合コンしますとなった時、相手がCAと言われるとテンションが上がる男性は多いのではないでしょうか

それは「きっとかわいい子が来るだろう」という思考が生まれるからです

それほど、人間は外見を重視していて、外見が美しいほど好きになるのです

ということで外見を磨くためにダーマペン42か月ぶりにやりました(笑)

何度もやったことがあるので、痛みには慣れているし余裕だろうと思ってましたが…

今後注意すべき事象が起きたのです…(笑)

今回は日記みたいな投稿になりますが、ダーマペン施術について情報共有できたらと思います!

⇓ ダーマペン関連の前回記事


施術自体は

洗顔(クレイジングシートでのふき取りだけの場合あり)

麻酔クリームを塗布

成長因子を注入しながら、ダーマペン4を刺す(スタンプあり)

成長因子が含まれたフェイスパックを装着

終わり

といった感じです

施術時間は1時間~2時間くらいです

この間に悲劇が起きました

それはダーマペン4を顔面に刺しているときです

これまでの施術では感じたことがない痛みを感じたのです…

今回麻酔が効いていなかったのかもしれません..
さらに、麻酔を塗っていない箇所もローリングされたのですw

はい…激痛です…

ローリングはおそらく1mm程の深さでありますが、多数の針で刺されていることは間違いありませんから激痛です

麻酔ってすごいなと思いました

本来「痛い」というべきですが、それを言えない私は激痛を耐えました(笑)
(おそらく泣いてましたw)

皆さん今後ダーマペン4をされる場合は麻酔をしっかり塗ってもらうように言うことと、痛い時はその痛みと戦わず正直に痛いと言いましょう

言わなければ苦痛の2時間を過ごすことになります…(笑)

この苦痛が美へ近づくと考えると我慢できますが…

ではっ




この記事をSNSでシェア!

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。